カビクロス張替えをしよう

クロスの交換をお考えなら

クロス張替えのカビに注意、防カビについて

クロス張替えのカビに注意、防カビについて 住宅は夏冬を問わずその環境が快適に保たれていることから湿度をきちんと管理するとともにその環境にも注意をしないとカビが生えることも少なくありません。
特に冬場は室内と外気の温度差から結露が発生し易くなり、カビの温床となってしまうことも少なくないものです。
特に厄介なのはクロスに発生するカビです。クロスの場合にはカビが生えてしまうと最終的には張替えるしかないのですが、カビの生え方によりクロス張替えの方法を変える必要があります。
クロスがはがれていない状態で表面にカビが生えている場合には、クロス張替えを行うだけで対処できます。この場合には、防カビ効果のあるクロスを選ぶことが大切です。
しかし、防カビ加工が施されているものは既製の物ではデザインが限られているので、部屋の雰囲気によっては別途費用が掛かりますが通常のクロスに防カビ加工を施すことも可能です。
クロスがはがれてしまっている場合には下地にカビの根が浸透している可能性が有るので注意が必要です。この際には下地ごと張替えることが必要になります。
さらに、下地を浸透して家の木材にカビが浸透してしまっている場合もあるため、この場合にはより専門的な処理が必要になります。
このような状態になってしまうと費用も手間もかかってしまうため、日頃からカビが発生しないように結露などが発生しないように配慮することが大切です。

カビクロス張替えをしよう

カビクロス張替えをしよう クロス張替えは自分でやるのは大変だと思っている人が多いでしょうが、意外と自分でもできる作業です。
もちろん、あらかじめ道具などを準備しておくことをおすすめします。
狭い場所で練習をしておくことが重要です。ただ、一番気になるカビクロスはトイレの中ではないでしょうか。
トイレに入って座ったまま壁を見ていることはありませんか。下の方からカビが生えているのです。今度張替えをしようと思ってしまうのです。
もちろん、自分でやらなくても業者に依頼することはできます。ただ、そのために費用がかかりますから気軽に思い立ってできるわけではないでしょう。
クロス張替えの手順はまず、クロスを剥がすことからです。自分でしようと思えばできるのです。クロス張替えはカビが生えたクロスをきれいに剥がすことができれば、後は新しいクロスを張るだけです。
インターネットなどで手順を確認してください。クロスメーカーのホームページに掲載されています。日曜大工用品店でもパンフレットなどを入手できるでしょう。
もし、うまくできなかったとしても、しばらくしてやり直すこともできます。カビが生える前に張り替える方が部屋のイメージチェンジには最適です。
壁の色が変われば部屋全体のイメージが変わります。

クロス張り替え関連の情報リンク

スムーズな対応とイメージ通りの完成を提供するクロス張り替え会社のサイト

神奈川でクロス張替えを頼む